びんやボトルは風呂敷でスマートに包む

風呂敷は小さいものから大きなものまでいろいろなサイズがあります。

デザインや素材も豊富で、一枚持っていると
何かあった時にオシャレに包むことができて、
手軽に持ち運べるようになって便利です。

特に風呂敷はびんやボトルのように形が決まっていない
不安定なものを包むのに適しているアイテムです。

ワインボトルなどをしまうことができる縦長の
紙袋などもありますが、そういった専用なものは
なかなか用意することができなかったりします。鮮やかさを活かす

しかし風呂敷が一枚あればオシャレに包むことができ、
持ち運びも楽になるので出かけるときにプレゼントとして
持って行ったり、お土産としてもらったときもサイズの
合わないビニール袋やバッグに横にして運ばなければ
ならないといったことを避けることができます。

例えば瓶結びという包み方があるのですが、
ワインや日本酒のびんをきれいに丸ごと包むことができて、
さらに持ち手も作ることができるので持ち運びにも便利です。

包み方も簡単で、中央にびんを置いて
手前と奥の端を上の部分で結びます。柄の参考に

残っている左右の端を持ち上げて
ゆるみがないように包むものに沿わせていき、
最後にはしっかりと側面で結びます。

上の部分に残っている端の部分を伸ばして、
さらに結べば持ち手になります。

二本だったとしてもうまく包むことができて便利です。
現代風の風呂敷も増えてきているので、バッグの中に
一枚持っておくとなにか運ばなければならないときに
きれいに包めて持ち運ぶことができます。